<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
SEARCH

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.01.28 Saturday  | - | - | - | 

no title

どこだ?
2017.01.28 Saturday 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

終わった。

160528_1248~010001.jpg
5月の試飲会、たくさんのお客さんが来てくれた。「初めてです」って人がいっぱいいて、みんな口コミしてくれてんのかな?一人一人に聞いてみたいが、そんな余裕はない。

半分以上の酒が途中で完売。新たにチラシに載ってない酒をたしてみたり。本当にバタバタながら、みんな喜んでくれた。
これからどうするかな?お客さん入りすぎて入りきれない心配しないといけない。

ちょっと考えてるのは、普段の試飲会の他に、日本酒飲みながら特定のファンを集めた、マニアックな話が出来る日本酒会、とかね。

例えば「日本酒好きで野球好き」とか、「日本酒好きでガンダム好き」とか。

個人的には「日本酒好きで格闘技好き」みたいな人を集めて、コアな話を聞いてみたい。一回やってみっかな。

ぼぼぼ

2016.05.30 Monday 17:49 | comments(1) | trackbacks(0) | - | 

田舎者という事。

160504_1911~010001.jpg
来福。茨城の酒で一番名が売れてるんじゃないだろうか?この蔵、基本は花の酵母を使ってる。

地元土浦に来福贔屓の酒屋があって。帰ると寄る事が多い。スーパーとかロクな酒置いてないし。〜霞やら〜山やら。茨城でそんな物堂々と置くなアホ!と言いたいが。そんな酒が売れる、という事で。所詮は田舎。地元の美味い酒を知らない。茨城に限らないけどね。

来福の中でも一般的に抵抗が少ないであろうと思われる本醸造。普通に美味い。地元の酒、まだまだ美味いのあんだけど。もっと売ろうよ。何やってんのかね。役人共も田舎者。個人で流行らすのは大変だぜ。

ぼぼぼ

2016.05.15 Sunday 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

宇野千代生家。

160427_1324~010001.jpg
岩国に宇野千代さんの家があった。雨の中、知らない町をプラプラするのも気持ちいい。散歩がてら寄ってきた。

古くからの民家がまんま保存されてた。庭はこぢんまりしながらも、四季の木や花が植えられて。石像もあったり。見事な庭だった。

あんな庭でな、雨降ってる中だと一段と風情があって。「ゆっくり酒飲みてえ」とつくづく思ったが、とても飲める雰囲気ではない。

入り口で。おばあちゃん出てきた。「どこから来なすった?」みたいな事を聞かれ、「池袋です。東京からです」って。「あらまあ!わざわざ東京からですか〜!」と。

「雨だからね、庭が素敵ですよ。傘持ってね、ハイ」って。雨の中でやっと着いたんですが、家の中でいいんですが…。家の中には、宇野千代さんの仏壇。「わたしね、毎日先生にご飯あげてるの」って。…。仏壇のお供え物か?このおばあちゃん、だいぶ宇野千代ファンだな。

カミさんの土産物を選んでおばあちゃんに出したら「まあこれ、あなたが選んだの?まあまあ、これが似合うなんて素敵な奥様。まあまあ…やっぱりね、ビニール袋よりもこういう風呂敷の方がいいわよね。まあまあ…」

色々アドバイスありがとうございました。何だか喜んでもらえたみたいだ。俺みたいなオッサンが一人で宇野千代生家を訪れる事が珍しいんだろな。

旅したらね、ちょっとおせっかいな位の人と話すと楽しいや。

ぼぼぼ

2016.05.04 Wednesday 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

ターミナル。

160426_0922~010001.jpg
羽田空港。出発待ってイスに座ってると、「ターミナル」って映画思い出すな。

トムハンクスだったかな?出国許可出なくて、帰れなくて、ターミナルに住み始めて、ちょっとした仕事をしながら数ヶ月、そこで暮らしてるうちに、有名になって、世論が湧き上がって、みたいな話だった様な。

結末は忘れたし。俺が居るのは国内線だし。全然違うが。見た目?映像?空港で暇してるからだな、きっと。

3時間早く着いたし。久々の飛行機だ。仕事ではあるが気分は遠足なのか?家にジッとしてらんないし。

3時間、本読みながらゆっくり過ごすのも最近なかった貴重な時間。つうか、もっとゆっくりできてもいいな。ターミナル。

ぼぼぼ

2016.04.26 Tuesday 09:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

たまにラーメン。

160416_2350~010001.jpg
ラーメン食いたい、と思う事たまにあるんだけど。にんにく臭いと明日まずいかな、等理由で。最近食ってなかった。

夜中の0時の閉店間際。田舎のラーメン屋さんに入った。酒飲んでシメにはやっぱラーメンがいいな。新宿で飲んだ時だけはション横「かめや」だが、他ではラーメンだ。

美味そうなラーメン出てきた!スープ、凄い美味い。チャーシュー、普通に美味い。うずらの玉子が乗ってる!…ん?ちょっと冷たいんですが。まあいいか。麺!…。

スープが本当に美味しかった〜。また飲みたい。麺!…。麺が…。ん〜、本当に美味しいスープだったぜ!次回は麺抜きでお願いします。

ぼぼぼ

2016.04.21 Thursday 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

カフェ。

160409_1123~010001.jpg
朝ご飯だ。スパゲティとサンドイッチが食べたい、とイタリアンなリクエスト。

好きだけどな。どっちも。ただな。ここってアルコール類がない店なんじゃないか?

アルコール抜きのメシ。どうよ?仕事中の昼メシくらいじゃない?美味しい朝メシだけど。勿体ない。

もったいない、って世界語らしいよね。インドネシアかどっかの人が「素晴らしい言葉」って紹介してた事あった様な。

アルコール抜きのメシ、勿体ない。旨味半減でしょ?

当然、「朝メシ前」の言葉どおり。メシ食う前にビールちょっと。ワインちょっと。日本酒ちょっと。くらいは飲んだ後。でもね、メシとも欲しいんだアルコール。

2016.04.15 Friday 11:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

目利き会。

160412_0637~010001.jpg
「目利き会」という、毎年二回かな?全国からいくつもの蔵元さんが集まって、お酒を紹介する会がある。もうすっかり名前が有名になってるとこ(東京で)が多いが、一般のお客様にはまだまだ知られていなくて素敵な蔵もある。

そんな目利き会に出店されていた一つ。「浪乃音」。滋賀県の酒だ。生のフレッシュ感と米の旨味のバランスがいいな。

社長曰く「関東出てくるのはね、他の蔵より早かったんだけどね。ちょっとサボってたら他の蔵が売れ出して、追いてかれちゃった。ハハハハハ。」と。

余裕だ。まだまだこれから。そんな余裕を感じる社長のコメント。

美味いよ。でも今はなかなか飲める機会は少ない?らしい。

2016.04.13 Wednesday 05:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

新年度。

160305_2041~010001.jpg
渋谷の飲み屋のトイレに飾ってあったやつ。酔ってんな。写真ブレブレ。

酔っ払いながらも、いい言葉で覚えとこうと思ったんだろうか?写真撮ってる。

「人生の 旅の荷物は 夢ひとつ」と書いてあるみたいだ。

新年度。花見も終わり(俺は)、日々夢に向かって邁進するぞ。酔っ払いの心意気がションベンしながらぴったりハマった素敵な飾り絵だった…んだろうな。写真撮ってるし。記憶ないのに。

ぼぼぼ

2016.04.06 Wednesday 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 

竹酒。

160320_1434~010001.jpg
竹切って、節の部分残しておちょこ代わりに酒を飲む。憧れた。竹の香りがほんのり移って、きっと美味しいんだろう。

機会があればやってみたい。いや、やる気があればすぐにやれる。実家の裏は竹藪だ。

連休あったし。やってみた。「ちょうど竹倒れてきて、切ろうと思ってた」と。好都合。切って、試してみたいんだけど。「俺やるよ」って。自分の都合と親孝行が一致すると、楽しく気分いい。

でかい竹は結構扱いづらい。重いだけじゃなく長いから。運びづらい。

家にあるノコギリの切れの悪さもあり。予想よりも苦労したが、何とか出来上がり。

いざ。多分、熱めの燗にした方が香りたつ気がする。50°くらいか?やってみた。

…生臭い。嫌な予感もあった。切った竹を匂い嗅いだらどんぐりの実の臭いがしたし。

多分、やり方が違うんだと思う。竹の燗酒はもっと美味しい作り方があるはず、と思いたい。

ぼぼぼ

2016.03.22 Tuesday 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 
 | 1 / 19 PAGES | >>